面接でよくある質問集

いざ面接!しどろもどろにならないように!! 面接での受け答えは、覚えた答えをそのまま言えばいいというものではないが、あらかじめ返答をシミュレートしておくことで自分自身についてや仕事への意気込みなど、考えを整理することができる。
いくつか質問を受けているうちに答えがブレてしまった!!ということのないように、自分なりの答えを準備しておこう。

自己紹介をしてください。
面接開始時、面接官へのお礼とともにまずは氏名を名乗ります。 自然な流れで自己紹介を促されますので、あまり長くならず簡潔に これまでの経歴や経験、できることをまず伝えましょう。
×趣味や細かすぎる経歴を長々とスピーチ
職務経歴を教えてください。
志望しているお店の傾向を考えた上で、この経験はアピールになる!と 思うものは具体的な数字も交えて濃い目に(具体的に施術してきた人数など)、 そのほかの経歴についてもあっさりと触れるようにする。 案外関係のなさそうな経歴で興味を持ってもらえる場合もある。
×現在までの経歴を 時系列で全て 話した
志望動機は何ですか?
「今までの(前職の)○○の経験を活かして、○○を大切にしていらっしゃる御社で ○○の部分で貢献できればと考え、志望いたしました。」 のように、志望店舗を調べた上で、自分自身はこのようにお店に貢献したい というポイントを押さえつつ、今までの経験を活かして自身のスキルが戦力に なることをアピールしよう。
×自分の「○○がしたい」 「○○ができる!」だけを 主張して終わってしまった
転職の理由は何ですか?
新しいことに挑戦したい!ステップアップしたい!などの、将来を考えた 前向きな理由であることを前面に出しましょう。 退職理由に「~が嫌だった」「人間関係がうまくいかず」などのネガティブな 理由を挙げてしまうと、適応力が低い・ストレスに弱いなどのイメージを 与えてしまいます。
×前職の人間関係が 良好でなかったため 正直に理由を愚痴混じりに 話してしまった
長所・短所を教えてください。
長所は、「○○というところが長所です」と結論を先に述べた上で 長所を活かしてどういう結果が出たかを具体的に述べると印象に残りやすい。 また、短所については自分自身を分析できていて冷静に対処できることを 知ってもらうために、短所をカバーするために普段から気をつけている点も 交えて話すようにしよう。
×短所は特にありません と答えてしまった
将来的にどうしたい・どうなっていたいですか?
目標を持って仕事に取り組んでいるか、仕事に意欲があるかどうかが 現れる質問です。目標を持っている人は簡単に辞めないと判断されます。 そのお店でこそ実現できるという具体的な目標を挙げましょう。
×仕事に直接関係の ない壮大な夢を 語ってしまった
仕事をしていてやりがいを感じたこと・嬉しかったことは何ですか?
上の質問と同じく仕事へのモチベーションを見る質問です。 考えればいくつかは挙げられるはず。そのなかで、そのお店のスタンスに 合ったエピソードを選んで話そう。
×じっくりカウンセリング するお店で、一日の施術人数 記録を更新したエピソードを 語ってしまった
最後に何か質問はありますか?
応募先に対して、興味がある・関心があることを、質問を投げかけることで アピールします。たくさん質問をすればいいというものではありませんので 1 ~ 2 点程度、思いつくことを質問しましょう。 もし特に質問がなかった場合でも、「面接中に聞きたいことは すべて聞くことが出来たので大丈夫です」と前向きに答えると好印象です。
×質問は特になかったので 「ありません」と答えた
仕事で失敗をしたことがありますか?
職場で何か問題が起こった場合、ちゃんと考えてリカバーできるかどうかの 判断材料にされます。 成功例についてはあらかじめシミュレートしているものですが 失敗をどう立て直したかについての回答も、念のために用意しておくとよい
×マイナスになることは言いたくなくて
失敗したことはないと言ってしまった
どんな施術ができますか?
未経験の場合は未経験であることを伝えます。経験者はできる施術について 伝えるだけではありますが、スキルが多岐にわたる場合、伝え漏れがないよう あらかじめ箇条書きにして確認しておくと心強い。
×あらかじめ言うことを まとめていなくて すべてに言及できな かった
転職回数が多いのはなぜですか? 就業期間が短いのはなぜですか?
転職回数が多い・短期間しか勤められなかった場合は必ずと言っていいほど 聞かれる痛い質問です。 もちろん、うちもすぐに辞めてしまうのでは?という懸念から発せられます。 マイナスイメージを払拭するのは難しいですが、1 社1 社退職理由を 見つめなおして正当な理由があったことを真摯に伝えましょう。 自分に非があった場合も素直に認め、改善点を具体的に挙げるようにしましょう。 (短所を説明するときと同じ要領です。)
×どの退職にも自分に 非はなかったことを ことさらに強調した
他にも応募していますか?
他店に応募していることを正直に伝えることはマイナスにはなりません。 しかし、「ここが第一志望です」と答えることが望ましいです。 第一志望と答えたのにお断りする失礼がないように、あらかじめ 面接スケジュールをうまくコントロールしましょう。
×複数応募しているのに 御社だけです!と 言ってしまった
趣味はありますか?
仕事に支障をきたす趣味ではないか、またストレスのはけ口があるか を判断します。また、趣味の方向性や熱の入れ具合で人柄を判断している 場合もあります。楽しい話だからといってはめをはずさないように。
×好きなアーティストの ライブが遠方である場合、 必ず遠征していると 公言してしまった
いつから就業可能ですか?
あらかじめ具体的にいつから、と答えられるようにしておきます。 在職中の場合は、無理のない時期を答えられるように計算しておきましょう。 あまりに先の日程を答えたりあいまいにするのはよくありません。
×具体的な退職日が 決まっていないので わからないと答えてしまった
合格の場合、働いていただけますか?
第一志望の場合は願ってもない申し出ですが、第一志望でなかった場合 迷いが表情に出ないように、また、「考えさせてください」などの あいまいな回答をしても、働く意思が弱いとみなされますので 笑顔で、ここで働きたい!という意思を伝えましょう。
×第一志望でなかったため 「考えさせて欲しいです」 と答えてしまった

メンズエステの求人を業種から検索

エステ求人なびとは?

関東地区(東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・茨城)のオイルマッサージ・マッサージ・メンズエステなどのセラピスト・エステシャン求人情報サイトです。
店舗オイルマッサージ・個室オイルマッサージ・出張オイルマッサージなどのタイプからお選びいただけます。
「理想の職場が見つかった!」・「今より給与など条件が上がったお店が見つかった!」など好評をいただいております。
とっておきのエステ&マッサージの求人をご案内します。